「関連費用が将来的に23兆円を超える可能性がある」。11月17日夕方、衆議院第1議員会館で開かれた国会エネルギー調査会(準備会)。立命館大学教授の大島堅一は福島第1原子力発電所の事故処理費用について、そんな試算を公表した。