2014年夏、新国立競技場の建設でECI(施工予定者技術協議)を導入するという話が建設業界で話題になった。一般に建築工事では設計が完了した後、発注者が予算を決め、これを基に施工者が入札する。