日本原子力研究開発機構(JAEA)が運営する高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉の瀬戸際に立たされている。9月21日、官房長官の菅義偉が「本年中に廃炉を含めて抜本的な見直しを行う」と発言。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1377文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題