2015年4月、東京・水道橋にある日本大学。ある教授がゼミの授業で教室のドアを開けると、そこには驚くべき風景があった。新学期が始まって間もないというのに、4年生が2人しかいないのだ。