「あと半年ほどあれば状況は変わっていたはずなのに」。安倍晋三首相や高市早苗総務相の肝煎りで2015年10月に立ち上がった料金値下げのタスクフォースの会合後、総務省幹部は唇をかんだ。