「為替の影響を吸収するのは難しい」。8月4日、トヨタ自動車の大竹哲也・常務役員は決算会見で下を向いた。2017年3月期の連結営業利益は前期比44%減の1兆6000億円と、従来予想を1000億円引き下げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1469文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題