「ウイルス付きのメールを開いた職員より、個人情報のファイルをインターネットにつながる端末にコピーした人間の方が、よほど罪は重い。でも、それを許した人間の責任は内部で追及されていない」。大阪のある年金事務所に派遣されていた40代男性は、こう話す。