6月15、16日に開かれた日銀の金融政策決定会合。マイナス金利にまで踏み込んだ緩和策の妥当性について、政策委員会メンバーに疑義が生じていることを浮き彫りにした。