7月9日、ホンダは新たに世界で450万台分の調査リコールを実施すると発表した。対象は2007~11年に製造された「フィット」など。欠陥エアバッグ問題の原因究明は現在、3つのルートで進んでいる。トヨタ自動車やホンダなど10社の共同調査、タカタ単独によるもの、ホンダ単独によるものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1373文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題