「我々はもう変わったのだ!」タックスヘイブン(租税回避地)について話題が及ぶと、ルクセンブルク財務省の担当者は語気を強めた。かつて経済協力開発機構(OECD)から、欧州の事実上のタックスヘイブンと名指しされ、スイスやベルギーなどと共に国際批判を浴びてきた同国は今、負のイメージ払拭に躍起になっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1441文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題