4月19日の衆議院本会議。政府が提案した障害者総合支援法改正案について、民進党衆院議員の中根康浩が声を張り上げた。  「安倍政権が(導入を)取りやめた総合合算制度は、医療、介護、保育、障害福祉に関する家計の負担に上限を設ける制度。これがあれば、様々な(福祉)制度を利用する世帯の負担を抑えられる。取りやめは、障害者支援を拡充する法案の趣旨に反する」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1472文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題