「買収契約のサインをしてくれ」「いや、今はまだできない」。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の董事長、郭台銘がシャープ本社を電撃訪問した2月5日。応対したシャープ社長の髙橋興三は、8時間にも及ぶ押し問答の末、ある契約書にサインをした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1464文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題