「買収契約のサインをしてくれ」「いや、今はまだできない」。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の董事長、郭台銘がシャープ本社を電撃訪問した2月5日。応対したシャープ社長の髙橋興三は、8時間にも及ぶ押し問答の末、ある契約書にサインをした。