配偶者の年収が103万円以下であれば、扶養者の所得から38万円を控除して税負担を軽くする配偶者控除。政府はいわゆる「103万円の壁」を取り除き、年収の上限を150万円に引き上げることを決めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1563文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題