配偶者の年収が103万円以下であれば、扶養者の所得から38万円を控除して税負担を軽くする配偶者控除。政府はいわゆる「103万円の壁」を取り除き、年収の上限を150万円に引き上げることを決めた。