今までは検索、オークション、動画配信やゲームなど、それら自体が主役となって付加価値を生み稼ぐ、言わば「攻めのインターネット」が主流だった。一方、脇役となってほかの利益目的達成に貢献する「守りのインターネット」も出てきた。それがインダストリー4.0だ。