一部の層に厳しくすると悪平等にも……

「特集 哀しき年収1000万円世帯」(11/26号)

 「哀しき」というのは微妙な感じもするが、確かに年収が1000万円を超えても、700万円、800万円の時に比べ大幅な余裕が出たかといえば、そうでもない気がする。所得税率が上がるので可処分所得の差は縮まるし、収入が多い代わりに付き合いなど費用も多く、単純な増収とはいかず、「割に合わない」とも言える。逆に我が身でも、管理職を外れ、定年で第2の職場に移ったことで、年収が半分になったが、減収幅ほどの大きな違いは感じない。今の年収では以前と比べ、税金はゼロに等しいものであり、それは喜びよりも驚きのほうが大きい。1000万円は一つの目標であり、一部の層にあまりに厳しくするというのでは、夢も希望も薄れ、悪平等にもなりかねない。選挙対策にとらわれない改善を期待したいものである。

匿名希望(新潟県、相談役、62歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り783文字 / 全文1186文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。