「日高屋」は、私も時々利用する。究極のメニューや激辛など特別の個性はないが、駅前の便利さとコスパのよさが魅力という印象だった。今回改めて、神田正会長の駅前にかける執念は、屋台の代替を目指すロマンともいうべきものであると知り、感動した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1153文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。