ぜいたくせぬまま老後を迎える恐怖

「特集 哀しき1000万円世帯」(11/26号)

 我が家は公務員の共働きなので、合計では年収1000万円を超えている。しかし夫婦共に節約が体に染みついてしまっており、なかなかお金を上手に使うことができない。私の給料だけですべて生活をやりくりしており、妻の給料には手を付けないという状態がずっと続いている。もちろん生活が苦しいと感じたことは一度もない。

 この手の記事を見ていつも思うことは、身の丈より少し上の「プチぜいたく」をしていたら、結局はいくらお金があっても足りないのだな、ということ。しかしたまにはぜいたくをしないとお金を持ったまま老後を迎えてしまうのは怖い気もしている。ぜいたくが癖にならないようにうまくお金を使えるようになりたい。

稲垣 真太郎(岐阜県、教員、37歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り862文字 / 全文1223文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。