「イノベーションで新しいカテゴリーを作る」ことがヒットの王道だと分かっていても、多くの人はできないのであろう。