自分なりのルーティン開発が肝要

「特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術」(9/17号)

 「やる気」というものは、「出せ」と言われてもそう簡単に出せるものではない。貴誌ではその対策として、仕事の前のルーティン化(習慣化)を推奨していた。確かにルーティンがやる気のトリガーとなり、仕事の生産性アップにつながることは十分に考えられる。私の場合のルーティンは、業務前に甘い飲み物やお菓子を摂取することだ。とにかくまずはイチロー選手のように、自分に合ったルーティンを開発することが肝要だ。その中で鍛え磨き上げた「やる気スイッチ」を自在にコントロールできるビジネスパーソンこそが、生産性の向上を握る中心人物となり得るのだと感じた。

横田 正和(京都府、会社員、53歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り952文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。