蓄積情報が金融機関の活路に

「特集 もう銀行はいらない」(9/18号)

 長年、金融機関に身を置いた者として、特集を内心じくじたる思いで読んだ。確かに、自由金利、直接金融並びにグローバル社会へと世の中が変わってきており、企業の需要も大きく変貌している。金融機関のビジネスモデルも変化してきているのは確かだろう。しかし、金融機関にはほかの一般の企業に比べると、組織を横断した情報の蓄積が数多くある。これらの情報を活用した新たなビジネスモデルによる事業は、従来の規制金利などで稼いできた時代の事業とは異なり、より多くはもうからないかもしれない。それでもネットワークを活用し、規模を生かして、時代を先取りした情報を取引先企業に提供していけば、金融機関の活路はあると期待する。

赤間 廣(神奈川県、無職、68歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り310文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。