在宅時間に占めるメディア別接触時間は、2000年から2015年にかけてインターネットが数%から約10%に増え、テレビが約40%から約35%に減った。この数値を見る限り、テレビの力は相変わらず強い。