好業績の企業ほど後継もしっかり育てる

「特集 カリスマと老害」(7/9号)

 好業績の企業の経営に長く携わっている経営者ほど、後任の育成にノルマなどを与え、後継者作りもしっかり行っているという印象を受けた。また、引退した後でも新しいことに挑戦する姿には、とても刺激を受ける。自分の地位に居座り続けようとする経営者は論外だが、私たちの世代は、引退する経営者が会社を譲っても大丈夫だと安心できるように、これまで蓄積されたノウハウを吸収していかなければいけない。

匿名希望(三重県、会社員、31歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1003文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。