「なぜ、東芝が会社の利益を水増ししたのか」という疑問が、実は経団連会長の座を巡る権力闘争の痕跡だったという分析で氷解した。この問題で先日、東芝は社長をはじめ役職に就いていた関係者が辞任し幕引きを図ったが、その際、社長の圧力があったかが話題になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1183文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。