「なぜ、東芝が会社の利益を水増ししたのか」という疑問が、実は経団連会長の座を巡る権力闘争の痕跡だったという分析で氷解した。この問題で先日、東芝は社長をはじめ役職に就いていた関係者が辞任し幕引きを図ったが、その際、社長の圧力があったかが話題になった。