個人情報ビジネスはもろ刃の剣

「特集 7社が隠す個人情報」(5/28号)

 IoT(Internet of Things、モノのインターネット)やビッグデータに関する技術が発展することによって、購買動向などの個人情報を含む、様々なデータが日常的に収集、活用されるようになった。クルマも、コネクテッドカーやシェアリングサービスの普及により、移動履歴や個人の嗜好といったプライベートな情報が集められるようになるだろう。しかし、個人情報収集ありきのビジネスモデルには一抹の不安もよぎる。ビジネスチャンスであると同時に、リスクを抱えることにも注意する必要があるのではないか。

匿名希望(愛知県、会社員、55歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り943文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。