過剰サービスを見直し、待遇改善を

「特集 ヤマトの誤算」(5/29号)

 この記事を読んで、今盛んに言われている「働き方改革」と「消費者への過剰サービス」が密接につながっていることを感じた。宅配便であれば、当日配送や複数注文時に一部の商品が早く届けられるなど、消費者がそこまで望んでいないことを推し進めた結果、従業員にしわ寄せがいっている。また、飲食業であれば、24時間営業をどれほどの客が望み、どれだけ従業員の健康が損なわれているのか。今こそ、経営者は様々なステークホルダーが本当に欲していることを見極め、次世代を明るくする経営をしていかなければならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。