意図しないサイトへの広告掲載は深刻

「特集 7社が隠す個人情報」(5/28号)

 広告主が意図せずとも、不適切なウェブサイトに自社の広告が掲載されることがあると知り、驚いた。広告主にとっては、自社のブランド価値が毀損される。さらに、不適切なウェブサイトの運営者の収益源にもなっており、事態はより深刻だ。フェイクニュースをめぐる状況もまた深刻であり、罰則を与えるなど具体的な対策を早急に講じるべきだ。

匿名希望(宮城県、会社員、32歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り997文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。