学生のころ、「工学倫理」という授業で三菱自動車のリコール隠しをケーススタディーとして学んだ。当時から約10年たち、「またか」である。三菱自動車が日産自動車の傘下に入るに当たって思うのは、両社の技術共有が本当にうまくいくのか、という点である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1140文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。