履歴から作られた個人情報を開示すべし

「特集 7社が隠す個人情報」(5/28号)

 個人情報保護法第28条には「本人は、個人情報取扱事業者に対し、当該本人が識別される保有個人データの開示を請求することができる」とある。にもかかわらず、この特集における7社の対応が否定的であったことに驚いた。「開示の請求は甘んじて受けますが、開示はしません」ということなのか。

 便利さゆえに、大きな心配もせずに私個人の情報を提供してしまうのは、便利さにまひさせられているようにも思えた。自らが提供した氏名や住所、連絡先などに関する個人情報の開示ではなく、商品の検索履歴や購入などによって業者が勝手に作り上げた個人情報をぜひとも開示してもらいたい。

國吉 直樹(沖縄県、会社員、46歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り941文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。