日産自動車のカルロス・ゴーン社長のしたり顔をまたもや拝んでしまった読者として一言述べたい。度重なる不祥事からの脱出劇は、先の東芝・シャープなどと連続し、さながら我が国産業界のアポトーシスを見ているかのようだ。