日産自動車のカルロス・ゴーン社長のしたり顔をまたもや拝んでしまった読者として一言述べたい。度重なる不祥事からの脱出劇は、先の東芝・シャープなどと連続し、さながら我が国産業界のアポトーシスを見ているかのようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1189文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。