デジタル格差による生活格差に危機感

「特集 フィンテックの隠れた主役 『貧テック』って何だ?」(5/7号)

 記事に登場したサービスを担う人たちは、いずれも1980年前後生まれ。バブルに酔う大人を見て育ち、その後の不況の波にもまれながら学生時代を過ごし、就職に苦しんだ世代だ。学生時代に「ウィンドウズ95」が発売され、携帯電話を持つようになった世代でもある。そんな彼らがIT技術を生かし、人を救うツールを開発した。

 ただし、救えるのはデジタルネーティブの世代が中心だ。自分はツールの開発者と同世代ながら、日進月歩のテクノロジーに年々差を感じる今日このごろだ。デジタル格差が生活格差に直結してしまいそうなことに、言い過ぎかもしれないが恐怖を感じる。自分たちはいつまでデジタル技術を使いこなせるのか。技術の取捨選択を迫られているような気がする。

福永 慎哉(三重県、会社員、37歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り919文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。