内部留保、不安定な時代ではやむなし

「特集 給料はもっと上がる」(3/12号)

 多くの企業が利益を内部留保優先にするのも分からなくはない。今は好景気だが、朝鮮半島の緊張やトランプ政権の動きなど、リスクは依然として存在する。いつ、何が起きてもおかしくはない時代だ。労働者としては1円でも多く賃金を上げてほしいところだが、仮に賃金が上がっても、実感する人は少ないのではないか。

 労働者も将来のリスクに備えて、賃金の多くを貯蓄に回していると思う。個人も守りに入っているのだから、企業が将来のリスクに備えて利益を留保するのも理解できる。

匿名希望(神奈川県、会社員、28歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り934文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。