資源回収の日に、家庭から出た古紙・雑紙や段ボールを盗み取る者がいる。記事を読み、可燃ごみと一緒に詰め込まれている「使用済みおむつ」が価値ある資源になる日は遠くないと感じる。