アウン・サン・スー・チー氏が率いるミャンマーは、成長力は東南アジア諸国連合(ASEAN)随一、市場としての潜在力はある。民主化しても閉鎖性は残るという環境の中で、キリンホールディングス、エースコックといった食品産業や、KDDIと住友商事の「無料」スマホなどは価格戦争に先手を打った。