世代で異なる副業への意識

「特集 成功する副業 会社と個人の新たな関係」(3/26号)

  私が会社員生活を過ごした時代は、一つの会社で働き続けるのが当たり前であり、副業はもってのほかという考え方が一般的だった。しかし子供たちを見ていると、自分の能力を磨くことや、それを生かす方法をいろいろと考えており、副業に対するアレルギーが全く感じられない。むしろ、積極的に副業に取り組んでいるほどだ。私の世代にとってはそうした意味で新鮮で、特集の内容は興味深かった。

匿名希望(神奈川県、無職、68歳)