日本食は世界でブームになっており、コメは有望な輸出商品である。中国では富裕層が好んで日本のコメを買い求めており、将来、中国がTPP(環太平洋経済連携協定)に参加すれば、低所得者層も日本の美味で安全なコメを買うだろう。13億の人口を抱える中国はコメの有望な輸出先だ。日本人は安くてもまずい輸入米を歓迎しないし、富山県の面積に匹敵する耕作放棄地で米作りを再開すれば、雇用も拡大できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1240文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。