社会の動きの背景に高校人脈

「特集 大事なのは高校」(3/19号)

 採用において、同じ東京大学の学生でも有名高校出身者を選ぶのが正解だと思う。その学生を採用して幹部になった時、高校の同期生が官僚として出世している可能性が高いからだ。世の中の出来事も、高校を軸に考えると分かることもある。三越と伊勢丹の経営統合が発表された時は衝撃だった。

 あまりに特徴の異なる百貨店同士で、社長も東大卒と慶応義塾大学卒。しかし、社長2人は共に開成高校の同窓生だった。高校の規模は大学よりも小さい。その分、人間関係は濃密だろう。特に開成のような中高一貫校であれば、多感な6年間を共に過ごすことになる。先輩後輩とも強いネットワークを築いていると思う。

細井 邦夫(東京都、会社員、54歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り943文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。