街の景観壊す「防潮堤」は本当に必要か

「特集 3・11 7年が生んだ未来」(3/5号)

 震災後、ボランティアとして現地に入り、今も被災地を定期的に訪れている。昨秋、三陸鉄道に乗ると、女性の団体と一緒になった。電車がトンネルを抜けると、「あーっ」と落胆の声がした。海が見えるはずが、真新しいコンクリートの壁が現れたからだ。被災地を訪れて感じるのは、「平均すれば50年に1度の津波に対峙するために、高い防潮堤整備や地盤のかさ上げが本当に必要なのか」ということだ。高台に津波避難場所を設け、そこに至る道路を整備する方が安く済むかもしれない。安く済んだ分を他の復興支援にまわすという方法もある。「街」を作り変えるのは簡単だが、観光や産業が成り立つのか心配になる。

斎藤 照夫(神奈川県、無職、72歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り885文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。