クルマもパソコン同様に「ソフト更新」に

「特集 見えてきた クルマの未来」(2/12号)

 我が家の愛車は古いクルマだ。カーナビはDVD方式だが、地図ソフトが古くてもクルマは安全に走る。それでもクルマの維持費はばかにならない。簡単な点検整備は自分で行い、法定点検は信頼できるメーカーの整備工場に頼んできた。

 しかし、AI(人工知能)による自動運転が普及すれば、そういった行為はなくなるかもしれない。パソコンの基本ソフトのように、ユーザーはあらゆる車載ソフトウエアの「更新義務」を負うはずだ。未来のある朝、愛車がWi-Fi経由のソフトウエアアップデートに失敗して動かなくなった。そんな経験だけはしたくないものだ。

柿埼 和男(東京都、会社員、55歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り948文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。