近年、日本の大学のふがいなさは承知していたが、特集記事を読み、これほど情けない内情だったかと驚き、非常にがっかりした。人材育成は国家の最重要課題の一つだ。総合的な人材育成の長期ビジョンを作成し、幼年期から各年代別に、どのような育成が最適かを考え直す必要がある。大学教育に関しては、海外から多くの留学生を受け入れる環境を至急作る。国内学生向けには、社会人になった際に役立つ実践的なノウハウの習得に力を注ぐなど、具体的な改革が必要だと考えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。