逆境下でも冷静に将来を展望し改革を目指す、コマツの大橋徹二社長兼CEO(最高経営責任者)には、心からエールを送りたい。建設業界に限らず、すべての業界に言えることだが、需要が自然に湧いているうちの業績は真の実力ではなく、むしろ経済の踊り場局面や不景気時など、需要が落ち込んだ時の戦略で企業は真価を問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1255文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。