私は「カンタンにできることを難しくしない」ことをモットーにしている。ここ数年、多くの企業がIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)のデバイス開発に傾倒している。しかし、スマートフォンで操作できる家電や、カメラとAIで在庫切れを監視できる冷蔵庫など、日常の雑務をするために貴重なお金と時間を要求する技術は本当にスマートなのか疑問に思っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1183文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。