私は「カンタンにできることを難しくしない」ことをモットーにしている。ここ数年、多くの企業がIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)のデバイス開発に傾倒している。しかし、スマートフォンで操作できる家電や、カメラとAIで在庫切れを監視できる冷蔵庫など、日常の雑務をするために貴重なお金と時間を要求する技術は本当にスマートなのか疑問に思っている。