多様化への対応に課題

「特集 『おもてなし』のウソ」(1/22号)

 特集を読んで、「日々の生活>おもてなし」だと感じている。昨年末、近所の回転ずし店と焼肉店が閉店した。私は新潟県に住んでおり、冬期は雪が積もり、なかなか外出する気にはならない。県民所得がそれほど高くはないため、新潟県民は外食を控える傾向があると思う。自炊の方がずっと安上がりだし、外食のための移動時間やガソリン代も無駄に思える。そして、最近の若者は忘年会にも新年会にも、参加したがらない。地方の衰退と外食産業の疲弊が垣間見えた気がしてならない。多様化する価値観に対し、「おもてなし」の形を変えていくことの難しさがうかがえる。

本山 侑樹(新潟県、自営業、48歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り962文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。