「スメハラ」で職を失う可能性も

「スペシャルリポート 広がる『ハラスメント』 『におい』も標的に」(1/15号)

 知り合いの大工にこんな話を聞いた。「ある大工がハウスメーカーの仕事を請け負った。彼は喫煙者で、仕事の合間にたばこを吸っていた。その結果、完成した家がたばこ臭くなり、ハウスメーカーは家主から『こんな家では子どもを生活させられない』と抗議を受けた。この話が業界全体に広まり、ハウスメーカーは喫煙者の大工に仕事を発注しなくなってしまった」。仕事の合間にたばこを吸えば、その煙が建築中の家に流れ込む。家の中がたばこ臭くなるのは当然で、新築物件が中古物件のような価値になってしまう。話を聞いた大工も喫煙者だったが、仕事がなくなると困るので禁煙したそうだ。臭いの重要性を物語っている。

角田 保弘(福島県、自営業、55歳)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り926文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。