自分自身も高齢者になり、改めて周りを見渡すと同世代が多い。もし我々の世代が大歓迎するような商品、サービスが誕生したら、その影響は日本経済の活性化にまで直結するのではないか。特集では東日本旅客鉄道(JR東日本)が運行を開始する「トランスイート四季島」、貴重な食材をレシピ付きで宅配する「ミールキット」が紹介されていた。従来にない快適な介護システム、若返りにつながる医薬品、高齢者でも安心して運転できる自動車など、「ヒット間違いなし」というアイデアはいくらでもありそうだ。高齢者の一人として想像を超える商品の誕生に期待したい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1268文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。