2017年の世相を表す「今年の漢字」は、「北」に決定した。

 毎年思うことだが、この種の恒例行事にこと寄せた年末振り返り企画が、テレビ局側の撮りため動画素材吐き出し需要に応える形で増え続けている昨今の傾向は、制作現場の企画力ならびに取材力の低迷を端的に物語るものだ。

(イラスト=小田嶋 隆)

 でなくても、この種の授賞ニュースの横行と重複は、商品やサービスの無料宣伝をたくらむ業界側の思惑と、お手軽ネタで一丁上がりの記事を配信したい制作現場の怠慢が結託した報道の退廃以外のナニモノでもない。