英国の科学論文誌「ネイチャー」などが主宰する「ジョン・マドックス賞」の2017年の受賞者に、子宮頸がんワクチン問題について積極的に発言してきた医師・ジャーナリストの村中璃子氏が選ばれ、11月30日に授賞式が行われた。同賞は、「ネイチャー」誌の編集長を長らくつとめたジョン・マドックス卿を記念して創設され、公益に資する科学的理解を広めることに貢献した個人に与えられる。今年が6回目で、日本人として初受賞となるのだそうだ。

(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 ノーベル賞でも金メダルでもそうだが、わが国のメディアは、日本人の受賞にかかわるニュースが大好物だ。が、村中氏のこの表彰を伝えたメディアは限られている。というよりも、このニュースの眼目は、もっぱら「ニュースになっていない」点だったりする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1036文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。