民主党の動きが活発化している。

 党勢が復活しているというお話ではない。逆だ。民主党は分裂に向けて動きはじめている。具体的には、共産党を巻き込んだ連携の道が模索される一方で、一部から解党を求める声が聞こえてきているということだ。

 11月11日の夜、民主党の細野豪志政策調査会長と前原誠司元外務大臣、維新の党の江田憲司前代表が都内のホテルで会談した。彼らは、年内に民主党と維新の党を解党し、合流すべきだとの認識で一致したのだという。