大相撲の横綱・日馬富士が、巡業中の10月25日、鳥取市内の飲食店で、平幕貴ノ岩(貴乃花部屋)の頭を、ビール瓶で殴打するなどしてけがを負わせた。日本相撲協会が11月13日に公表した診断書には、「脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と記されている。

(イラスト=小田嶋 隆)

 当件では、暴行そのものとは別に、事件への対応の遅さが問題視されている。

 というのも、事件の翌日以降も、巡業が続けられていたからだ。その間、酒席に同席した力士や関係者は口をつぐんでいる。問題が表面化したのは、10月29日に貴乃花親方が警察に被害届を提出したからだ。仮に警察経由で事件化されることがなければ、日馬富士の暴行は、「なかったこと」にされたかもしれない。