「援助交際」という言葉は当事者が使う隠語で、公式の文書の中では使われないものだと思っていたのだが、昨今では英語圏でも「Enjo kosai」としてそのまま通用するらしい。