大阪府立懐風館高校の3年生の女子生徒が、生まれつき茶色い髪を染めるように学校から強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府を相手取り約220万円の損害賠償を求める訴えを起こした。伝えられているところによると、学校側は、生徒に対して1週間ごとに黒染めを指導し、2年の2学期からは4日ごとに指導を繰り返していたのだという。このため、たび重なる染色によって生徒の頭皮はかぶれ、髪はボロボロになったのだそうだ。

(イラスト=小田嶋 隆 )
(イラスト=小田嶋 隆 )

 なるほど。中高年には身につまされる話だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1085文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。